ソフトウェア開発・販売のリーディングカンパニー

バイトルヒクマでは取締役の員数を絞り、外部の有識者を経営会議に参画させることにより経営の業務執行と監督機能を強化してまいりました。役員会の下に「評価委員会」、「監査室」のほかに「コンプライアンス委員会」を設置し、内部統制の強化に努めてまいります。