ソフトウェア開発・販売のリーディングカンパニー
株式会社バイトルヒクマは、地球環境の保全が重要な経営課題であり、企業活動の中での環境への配慮は元より、 蓄積した技術・知識や当社の製品をお客様に提供することにより環境保護に貢献することが、IT企業としての社会的な責任であると認識しています。 そして、全ての組織・従業員がこの責任を理解し知恵を出し合い、環境保全に配慮した活動を継続的に改善実施して行きます。

(1) 環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善及び汚染の予防を行います。

(2) 環境に関連する法律・規則・条例及び当社が同意する外部からの要求事項を遵守します。

(3) 事業活動及び商品が環境に与える影響を的確に把握し、環境目的・目標を設定し、
実行し見直します。

(4) 事業活動を通じ「コピー用紙の削減」「電気の使用量の削減」「グリーン購入」「廃棄物の
分別・削減・リサイクル」による、省資源、省エネルギーを推進します。

(5) 「システム及びソリューションの提供」により、お客様の紙の使用量を削減し、また作業効率を
上げることにより電気等のエネルギー消費を削減します。

(6) この環境方針は、全従業員に周知するとともに、一般に公開します。

2017年1月1日