当社では1996年より人事・総務部門の業務効率化に寄与すべく、様々な製品を提供しております。
  また、各企業の人事・総務部門の皆様が抱えておられる様々な課題を共有し、効果的な解決のきっかけ作りに寄与するために、
  情報交換・意見交換を目的としたユーザ会を年に一度開催しております。

  2016年度は、7月15日(金)に開催致しました。




【テーマ】 これからの時代に求められる人材とは
【講師】 花田光世(はなだ・みつよ)氏
【プロフィール】
   慶應義塾大学名誉教授
   慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス一般財団法人SFCフォーラム代表理事
   同大学キャリア・リソース・ラボラトリ、ファウンダー
 南カリフォルニア大学Ph.D.-Distinction(組織社会学)。企業組織、とりわけ人事・教育・キャリア問題研究の第一人者。人材育成学会副会長、産業組織心理学会理事、NPO法人(特定非営利活動法人)ソシオプロジェクト理事長をはじめとする公的な活動に加えて、経済産業省、厚生労働省の人事、キャリア、人材活性化等の各種委員会の座長、委員などを数多く務める。民間企業の社外取締役、社外監査役、報酬委員会などの活動にも従事。「人事制度における競争原理の実態」で、第一回組織学会論文賞を受賞。主な著書に「働く居場所の作り方」「新ヒューマンキャピタル経営」など、論文に「グローバル戦略を支える人事システムの展開法(上・下)」「コア人材の機能と条件」(以上「ダイヤモンド ハーバード・ビジネス」)などがある。American Sociological Review,Administrative Science Quarterlyといった海外の学術誌を始めとして、日本の国内学術誌や様々な雑誌に300本を越す論文・エッセーがある。
 海外での活動ではミシガン大学、コロンビア大学、INSEAD、ラサール大学(フィリピン)、Asian Institute of Management(フィリピン)、シンガポール国立大学、マラヤ大学(マレーシア)、セント・ジョセフ大学(レバノン)などの諸大学で訪問教授として教鞭をとり、また台湾、シンガポールの生産性本部の顧問を歴任。1980年代にシンガポールにSANNO Management Instituteを設立し、シンガポール、マレーシアに進出した日系企業の現地人社員、幹部社員に対する教育プログラムを提供し企業内教育の実践活動を行う。現在は、キャリア自律やラーニングオーガニゼーションの風土作り、キャリアアドバイザーの育成などの活動や、企業の人事・教育制度の構築などの活動を行っている。

講演:建設業の未来予想図 ~ダイバーシティが目指すもの~ 清水建設株式会社


通勤定期サポーターProで動かす地図機能


本年度は、下記企業様を含め、ユーザ様、ビジネスパートナー様合わせて、16社25名のご参加を頂きました。
参加企業様

(50音順)

株式会社ヴァル研究所 東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
NECネッツエスアイ株式会社 株式会社トータルオフィスパートナー
オリンパス株式会社 トヨタアドミニスタ株式会社
医療法人 啓仁会 株式会社ニューテック
清水建設株式会社 株式会社パルコ
                   他 6社