研修制度

Home

研修制度紹介

バイトルヒクマの研修制度は、大きく3つに分けることができます。

入社後、6ヶ月の「新入社員研修」を行います。
カリキュラムは、
社会人研修
IT研修/プログラミング研修
プロジェクト演習
など、多岐にわたっています。
形に残る成果という意味では、「基本情報処理技術者試験」に合格できるレベルに達することを目標に置いています。
経験を積んでいくと、「プロジェクトリーダー」や「マネージャー」を目指して、スキルをつけていく必要がでてきます。SEとして第一線でキャリアを積んだ社員は「キャリアアップ研修」を受講することができます。
「キャリアアップ研修」では社内外の組織を使い
リーダー研修
人間力養成研修
マネジメント研修
といった能力開発研修が準備されています。
プロジェクト遂行上、未取得の技術分野が必要になった際など、「技術研修」を受けることができます。
「技術研修」は必要に応じて随時申請し、承認の下に受講可能となります。
研修期間としては、外部ベンダー等のセミナーに参加する場合や、社内の有識者にレクチャーを依頼する場合などがあります。

新卒採用情報トップへ戻る

株式会社バイトルヒクマ